FC2ブログ
クリスマスに手作りケーキを焼いてみようと言う方
お役に立てると思います


この時期びっくりするぐらいケーキが高い!
なんでもブームにしたい日本の商業戦略ですよね。
ご存知だと思いますが、
欧米ではクリスマスにケーキを食べる習慣なんてありません。
ショートケーキと言うのは、

short=サクサクの(短いではないです。ショートニングなどのshortです)

ということで、スコーンのようなサクサクした生地に、
生クリームと、イチゴをはさんだ食べ物が、
アメリカの「ショートケーキ」
です。

と言いつつ、自分も焼いてしまうのでしょうが


クリスマスケーキで損して欲しくないので、作ってみました。
家庭でできる最高級のスポンジケーキ生地

膨らむことだけが、成功ではないのです。
ケーキ屋さんのショートケーキのように、
口に入れた瞬間に、シュワッっとなくなってしまうような
口どけの、キメの細かいケーキが、いいですよね!!!

*************************************
家庭でできる最高級のスポンジ生地

■材料■ 直径15cm丸型

卵・・・2つ
砂糖・・70グラム
薄力粉・60グラム

バター・・・15グラム
牛乳・・・・10cc


■下準備■
・バターと牛乳は合わせて、溶かしておく(使う時冷めているようなら、再び温める)
・オーブンの余熱を180℃で入れておく
・型にバターをまんべんなくぬる、もしくは、クッキングシートの敷き紙を引いておく


■作り方■

①卵をハンドミキサーでほぐし、砂糖を一度に加える

②白っぽくなるまで、高速で泡立てる
 *ハンドミキサーの羽で生地を持ち上げてみて、
  「の」の字を描いてみる。
  くっきりのこるぐらいまで


③低速で30秒から1分間全体をゆっくりまぜ、キメを整える

④薄力粉を手早く振るい入れる
 *ここで時間がかかると、薄力粉が卵の水分を吸ってしまい、
  ダマなりやすい。振るったあと、一時中断はNG

⑤ゴムベラで、切るようにさっくり混ぜる。卵の気泡をつぶさないように
 *ゴムベラの向きは自分に対して常に垂直になるよう意識する。

⑥粉っぽさが少しだけ残るぐらいで、溶かしバター&牛乳を温かい状態で入れる
 *冷めていると、バターが生地に馴染みにくく、混ぜにくい

⑦さらに切り混ぜる
 *混ぜすぎ注意。ただし、混ぜたりないと、生地は膨らむが、キメが粗くなる
 

見極め
 ゴムベラで生地をたっぷりすくい、落としてみる。
 ながれが、滞りなく滑らかで、生地につやが出ている


⑨バターをぬった型に、一気に流しいれる
 ゆっくり少しずつ入れることで、卵の気泡が消えやすくなるので、手早く。

ボウルに残った生地は隅に入れる。
 *卵の気泡がつぶれて、重たい生地になっているので真ん中NG。
  苦手な方は、無理に入れなくてOK

⑪台の上で2,3回空気抜き。さらに、型のそこを手で2,3回たたき、
 目に見える大きな気泡を抜く

⑫180℃のオーブンで20分前後焼く

⑬竹串でさしてみて、軽く入り、生地が全くついてこなければ完成

⑭型から取り出して、熱いうちにラップをかけて、冷ます


*デコレーションをする方は、
 生クリーム200gに20gの砂糖で泡立てたものを使ってください
 この割合も、ケーキがおいしく食べられるコツです


★質問編★はこちら



がんばってみてください



みなさまのおかげでランキング急上昇中!!!!
ありがとうございます!!!!!!

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://onegairecepi.blog.fc2.com/tb.php/17-b27fbc4e