FC2ブログ
もうすぐイベントが目白押し
クリスマス・忘年会・忘年会・忘年会・お正月・・・新年会
食べ過ぎてしまった後は、少量で満腹感が味わえる、温かい

中華粥★お好みトッピングで食べ過ぎ注意
**************************************
中華粥(家族4人分)

■材料■
お米・・・160cc(吸水させる)
水・・・・1400cc           ここ

水(干し貝柱戻し用)・・・・200cc この2箇所の水を足して、1600cc(お米の10倍の水分)
干し貝柱・・・3個
サラダ油・・・大さじ1
塩・・・・・・ひとつまみ

トッピング・・・お好みで写真は、左から、ザーサイ、梅干、大根の葉ふりかけ


■作り方■

①干し貝柱を水200ccにつけて15分おく(ほぐれるかたさになればOK。急ぐときはレンジで2分)

②お米、水(計1600cc)、サラダ油、塩を鍋に入れて、沸騰させる
  吹きこぼれるので、大きめのお鍋をお使いください

③沸騰してきたら、弱火にし、常にお米がお鍋の中で動いているような状態にして、約40分炊く

④仕上げにごま油を小さじ1/2加え、盛り付け。
 そのまま食べたり、おこのみでトッピングを乗せたり、ラー油を垂らしたり
**************************************

ごま油は離乳食にも使ってOK食材なので、大人も子どももこのままいけます。

干し貝柱は、馴染みのない方には、びっくり価格かも
あると、とーっても深い味になりますが、
その後使わないかも知れないし、と言う方は
手羽元、手羽中、手羽先(4本ぐらい)と一緒に炊くことで代用しても大丈夫です。


------------------------------------------------------------------
「食べたい」「楽しい」気持ちを膨らませるには
------------------------------------------------------------------

まだ、食べるのが上手でない1、2歳さんたちを食べさせるのは、
ほんと、苦労が多いですよね。

離乳食のときは、ママが食べさせているので、よかったけれど、
だんだん、「自分で!
が強くなってきて、こぼされるの嫌だから、むしろ食べさせてあげたい、
なんてときもありますよね。

極端なお話があります。
私の友人の奥さん。

こどもにこぼされるのが嫌だから、という理由で、
自分では食べさせていません。

お子さん3歳です。

「ぜんぜんご飯を食べてくれない」
が、悩みだそうです。


これは、どうでしょうか。
お子さんでも、食べたいものの順番や、気分が必ずあります。
食欲がないときは、デザートやスープから食べたいときありますよね。

基本的に、大人も子どもも食欲に対する感情は一緒です。
食べたいから、食べる。
食べたくないから、今日は食べない。

でも、つい、大人は、
「順番に食べなさい
とか
「前向いて
とか
「お話しないの
とか
「手で取らないで
とか
「よく噛んで

「もーっ
とかとかとか・・・


「食べて欲しい」はずなのに、楽しい食事を妨げてばかり。

じゃあ、なんでもありなの?!

そうではないです。

「食べる」
ことが、好きになって、食べるようになってから、
それ以外のことを教えても遅くないです。

お箸をもつのは、小学校2年生ぐらいまでに上手になっていけば、
大丈夫。

好き嫌いは、小学校高学年ぐらいになると、だんだん減ってきます。

食べないと絶対にいけないものなんて、ほとんどないです。
同じ栄養素のもので、補えば、大丈夫。
(一度食べなかったから、二度と出さない、というのはダメですが。
味付けや形を変えて出してみて、それでも、食事が嫌になるほど食べられないのであれば、
今は外す、という選択がいいと思います



みなさまのおかげでランキング急上昇中!!!!
ありがとうございます!!!!!!

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://onegairecepi.blog.fc2.com/tb.php/14-02733016